今朝方の倉本さんの話

今朝4時くらいに目が覚めて、NHKのラジオのスイッチを入れ深夜便に耳を傾けた。

「森のささやきの中から」と題した倉本聰さんのインタビューの第一回のはじまりのタイミングだった。

NHKと喧嘩して、単身北海道へ活動を移した氏は、マンションがススキノに近いことから、毎日単身で夕方18:30頃から翌朝4:00位まで酒場で飲んでいたという。

そこでは板前、女将さん、ホステスをはじめ市井のサラリーマンやヤクザ、右翼と多種多様な人たちと時間を過ごし語らった。そして、東京で仕事をしていた時には同じ業界の人とばかり過ごしていた自分の時間と重ね、それでは人情などを描けないという事に気付いたという。

その他富良野へ移る話など興味深く聞いてあさを迎えた。明日も続くというから又聞いてみよう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください