いとのあいだ

学生時代は服飾の学校にありながら、ファッションディスプレイのクラスだったのでミシンを踏むことはあまりなく、もっぱらピンワークやアンビエ・ドゥブルビェと言ったドレープ技術を学び、その後素材特性や空間演出、そしてファッションビジネス論やマーケティングなどを学んだ。
あれから30年。
分かっているし、覚えていると思っていたが、広島現代美術館で竹口さんのギャラリートークを聴きながら、いと(糸)が交わり、そのあいだに生まれる空間を保温することや、織り成されたテキスタイルが面ではなく立体であることを思い出した。
しかし竹口さんの話のそれや展示は、科学でいうマクロの世界ではなく、私たちの先人たちが古より知識として知って自らを纏っていたことを認識さえてくれている。ナノメートルを確認できる今に至っては意識すらされていないことでだが。

広島へ足を向けさせたのは竹口さんと久しぶりに盃を交わしたいとの不純な気持ちと6年前に福岡県立美術館を会場に竹口さんが担当した「糸の先へ いのちを紡ぐ手、布に染まる世界」(県美の展覧会でなく竹口さんがとするのは、今回の会場と合わせてご覧になった方は理解いただけると思うけど・・・)のリベンジ?とも受け止めてたからだ。
福岡での展示も天井が低いあの会場に、照明などの演出で従来見慣れている工芸の展示とは明らかに異なっていたが、今回は会場が広島現代美術館でありその期待も高かった。(実は初めて伺ったんだけどね)

午前中に会場入りし、ゆっくりと会場を観た後に午後から再度ギャラリートークに参加して竹口さんの溢す言葉に耳を傾けた。冒頭の告知どおり60分の予定が120分となったようだ。(私は前半の部分で失礼ながらその場を離れた)

夜、大衆酒場でガンスやカワハギの肝煮を広島の地酒で流し込んで、その後汁なし担々麺食べて、最後はアイラモルトで胃に蓋をして別れた。
広島で、という場所の違いはあるものの、竹口さんと盃を交わすタイミングや話すことは変わらない。変化を求められる中で変わらないのは心地よい。

10年ほど前までは、必死に広がりを求めていたのだが、半世紀を生きた今ではその広がりもテーブルの上に零した水のように必要あればそちらへ広がればいいと思えている。

広島へ向かう前に、書棚より取り出し読み直した「糸の先へ」の図録のエッセイの一文が沁みた。

以下「糸の先から糸の先へ」より抜粋
自身が立つ足元の地平を横へ横へ闇雲に広げていったところで、それがせいぜい蜘蛛の糸か今にも割れそうな薄氷のごときものでできているなら、その上を歩いていくこともままならない。それよりもこの足元から深く掘り下げていけば、まるで地球の裏側にでも掘り貫いたかのような未知なる空間が広がっているかもしれないのだ。たしかに効率的ではないし、そんな広がりに到達できるにしても生きているには無理かもしれない。しかし、それでもいいと思えるのは自分ひとりの力ではなく、家族や友人、自然、歴史、未来、あらゆるものとつながって生き、生かされてることが腑に落ちているからだろう。あらゆるものとつながりながら生きて在る訳だから、あらゆるものとつながろうと今さら手を広げる必要もない。

この図録の奥付には展覧会のステークホルダーとして会場設計の坂崎さんやカタログ編集の尾中さんらをはじめ、会場スタッフやボランティアスタッフの氏名がクレジットされている。

交わるいと 「あいだ」をひらく術として
3月4日(日)まで
https://hiroshima-moca.jp/majiwaruito/

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA