勘違いも吉となる

平成筑豊鉄道赤駅のトロッコ運行の記事を週末の新聞記事で読んでいたので俊三郎と出かける約束をしていた。
そして、日曜日の朝に俊三郎とバイクで赤駅へ向かった。

しかし駅は無人のまま。
妻に電話し新聞で確認してもらうと来週だった。

このまま帰宅するものどうかと思い
バイクのハンドルを英彦山方面へ向けた。

赤村から英彦山方面への道ははじめて通ったが、
静かで、しかし人の営みが感じられるいい道だった。

そして前方に油木ダムが見えてきた。
水量は低く回遊道から降りることができそうなので降りてみた。
バイクを止めた場所には津野小学校がダムの底になったことを記す石碑

ここに子供たちが学んだ場所があったのかと思うと
地形をゆっくり眺めていると、声が響いてきそうな気がした。



石川えりこさんの絵本 流木のいえ に出てくるトナカイのような木が立っていた。

 

またバイクにのり英彦山方面へ走ると右手に前足を上げた狛犬が見え、
気になりバイクを降りた。


高木神社というらしく、狛犬の先の一の鳥居の所には
うさぎの狛犬もある。

英彦山に着くと
人は少なく沿道の土産屋も開いているのか閉めているのかわからないような感じで
寂しい。



さて石段。
父を置いてさっさと駆け上るす俊三郎。


息もあがり、膝もやや痛みを覚える父は遅れて神社へ到着。


お参りして、冷たいもので喉を潤し降り始める。





バイクを停めていた近くのメルセデスのエンブレムに


そこから今度は小石原へ向かい行者杉をみて、峠を下る。




峠を降りて ワイルドウインドに寄り
三線を奏でて



大里くんのショットは俊三郎撮影

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください